結露しない家

結露しない家

結露しない家とは?

冬の窓ガラスに付いた水滴でカーテンが濡れてカビが生えたり、水滴が床に流れ落ちて床材が腐ったり、結露は本当に避けたいものです。でもこの目に見える結露は、見つけたらすぐに拭き取ることで対処できます。しかし、一番良い方法は、室内温度20℃相対湿度50%で結露しない窓を使用することです。その一方で、気づくことなく対処もしづらい最も厄介な結露をご存じですか。それは、「壁体内結露」と呼ばれる外壁の内部で発生する結露です。温められた室内の湿気が外壁に入り込み、外気によって冷やされた構造用合板などに触れた瞬間に結露が発生します。
その結露水が原因で、壁の中の柱や筋交いなどの構造材が蒸れ腐れを起こし、構造材の耐震力が失われ地震時に倒壊しやすい危険な状態を作ります。また、結露による湿気からカビが発生しやすくなり、その胞子が室内に撒き散らされ、カビを大好物とするダニも発生し喘息やアレルギーなどの健康被害を拡大させます。
この厄介な結露を発生させないために、室内の温められた湿気が外気で冷やされた構造用合板にたどり着かないようにすることが一番の解決方法です。
断熱材が「○○ファイバー」だから結露しません…。などという説明をお聞きになった時は、すかさず「湿気の移動は止まりますか。」と聞いてみてください。その答え方で、本当に対処できる会社かどうかわかります。
壁体内結露は、着工前に断熱構成に従って結露計算を行いその判定を行うことで避けることができます。これは住まいづくりの大切な一工程です。私たちは、結露計算で事前に結露判定を行い、壁体内結露の発生を防ぎます。

目に見える結露と
目に見えない結露

  • 一般的に”結露”と聞くと、窓周り等に発生する水滴(目に見える結露)を想像されると思いますが、この結露は、拭き取れば除去することができます。

    実は本当に怖いのは”目に見えない結露”です。その結露が建物の耐久性に影響を及ぼす可能性があります。

  • 目に見える結露

目に見えない結露とは

  • 目に見えない結露

    結露によって黒カビが発生した壁の中の断熱材
    (出展:日経クロステック)

  • 結露による湿気は、天井や内部結露(別名壁体内結露)は、壁の内部や床下、屋根裏など人目につかないところで発生する結露の事を指し、普段目にすることができない為、結露していることに気づかないことがほとんどです。
    内部結露発生の仕組みは、室内の水分をたっぷり含んだ暖かい空気が、壁の中に入り断熱材を通過して、外気温とほとんど同じ温度に冷えた壁の構造用合板などに到達すると、露点温度を下回り結露を起こします。

    結露の発生原因は、断熱材の性能不足と湿気の通過しやすさに大きく関わっています。壁、床などの建材のカビや腐食につながり、家の耐久性や性能を低下させる原因になります。
    結露は、人目につかない、石膏ボードなどの壁紙の中や床下などにも発生するため、気づかぬうちに、内側から腐食が進んでいることもあります。また建物だけでなく、家具が腐食したり、家電が錆びつくなど家財に影響が及ぶこともある他、湿った木材はシロアリが好むため、シロアリ被害が発生するケースもあります。

結露を放置すると、結露水によって柱や筋交いなどの構造材は蒸れ腐れを起こし、新築当初の耐震性が失われとても危険な状態になります。
また、断熱材は結露水を含むことによって断熱性能を極端に失います。(※断熱材は、乾燥状態でこそ最高の断熱性能を発揮します)
また、その状態ではすでに壁の中でカビが発生している場合が多く、カビを食べるダニも繁殖します。
そのカビやダニが原因で、人が喘息になったりアレルギーを発症するなど健康被害の原因となります。

このように壁内部の結露は、住まいにも人にも大きな被害をもたらしますので、必ず結露の発生を抑える必要があります。
その為に、渡辺建設では、工事前に「結露計算」を行い、壁体内結露が発生しないことを確認します。
結露の発生は物理現象であるため、事前に結露の発生をチェックすることが、計算によって可能です。

結露計算

断熱材の断熱性能・その厚さ・湿気の通過しやすさを入力することで、結露が発生するかしないか確認できます。
結露を発生させる断熱材の構成の外壁か、結露を発生させない断熱材の構成の外壁か、工事に掛かる前に全棟検討することが必要です。

家づくりに関する不安や疑問など
何でもお気軽にご相談ください

050-7587-0530

【受付時間】9:00~17:00【定休日】水曜日

CONCEPT

SERVICE